2017年11月15日 更新

髪を染めるためのヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアマスカラ、白髪染めの違いは?状況に合わせて使い分けたい髪染めの種類

髪の毛を染めるというと、ヘアカラーやヘアマニキュア、白髪染めなど様々な種類がありますよね。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知っていますか?欲しい仕上がりや状況に応じて使い分けるために髪染めの種類についてまとめました。

染毛剤にはおしゃれ染め用のものと白髪染め用があります。髪が染める仕組みは基本的に同じなのですが、おしゃれ染めと白髪染めではもともとの髪色が異なるので、薬剤の成分や割合が異なるのです。

おしゃれ染めの場合は黒髪に使うことがほとんです。この場合、黒髪のメラニン色素を脱色しなければならないので、脱色力が高くなるように薬剤が配合されることが普通です。

白髪染めの場合は色素の薄い白髪と黒髪の量を染めなければなりません。なので、染毛力が強く色が抜けにくいように薬剤が作られています。

メリット

染毛剤を使うメリットとしては、薬剤が毛髪の内部に浸透するので、一回の使用で色がしっかりと入り、色持ちも良いことがあげられます。

デメリット

染毛剤はキューティクルを開き、色を抜き、毛の内部に作用するので髪の毛にかかるダメージは忘れてはいけません。また、敏感な人はアレルギー反応を起こしたり、痒みやかぶれを引き起こす原因にもなります。

美容室で使われるプロ用と自宅で使う一般用

美容室でプロが使っている染毛剤と、ドラッグストアなどで手に入る自宅用の染毛剤の違いはどんなところにあるのでしょうか。プロ用のものはカラーバリエーションも豊富で、髪の毛に優しい成分も多く含まれています。自宅用の市販のものは価格重視で作られているため、カラーが限られているだけでなく、髪の毛へのダメージも大きくなります。

化粧品に分類される染毛料

染毛料と言われる毛を染める商品は化粧品ひ分類されます。医薬部外品の染毛剤が毛の内部から髪の毛を染めるのに対し、染毛料は毛の表面を染めます。そのため、染毛料に毛の染まり具合は染毛剤よりも弱く、徐々に染まっていくような感じです。これらに含まれるのはへマニキュア、カラーシャンプー・トリートメントなどです。

成分

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

白髪隠しってどんなもの?使いやすさが人気のヘアマスカラやスティック

白髪隠しってどんなもの?使いやすさが人気のヘアマスカラやスティック

白髪染めで染めるほどでもない白髪は白髪隠しと呼ばれるものでカバーするのがおすすめです。使いやすいヘアマスカラなどを種類別にご紹介します。
yn | 1,972 view
美容室でのヘアカラーは自分で染めるよりもはダメージが少ない!?

美容室でのヘアカラーは自分で染めるよりもはダメージが少ない!?

髪の毛を染めるとき自分で染めますか?それとも、美容室でやってもらいますか?美容室のほうがセルフカラーよりもダメージを少なくできるかについてまとめました。
yn | 2,075 view
白髪ケアを自分でするならカラートリートメントがおすすめ♡

白髪ケアを自分でするならカラートリートメントがおすすめ♡

生え際の気になる白髪が気になるけれど、美容院に行くほどでもないし…と思っている人にはヘアカラートリートメントがおすすめです。ヘアカラーとカラートリートメントの違いや効果的な使い方、そしておすすめカラートリートメントをまとめてみました!
ヨーダ | 2,662 view
髪の毛に優しい白髪染めとして知られているヘナってどんなもの?

髪の毛に優しい白髪染めとして知られているヘナってどんなもの?

白髪染めの種類の中でヘナというものを聞いたことがありますか。様々なところで目にしたことがあるヘナという文字一体どんなものなのでしょうか。その特徴やメリットデメリットを見ていきましょう。
yn | 1,389 view
カラーにも種類が色々!人気の市販ヘアカラー

カラーにも種類が色々!人気の市販ヘアカラー

自分で髪の毛を染めるとき、どんなヘアカラーが良いのかちょっとよくわからないですよね。そこで、セルフカラーの種類や人気アイテムをまとめました。
yn | 2,688 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yn yn
トウキョウコスメ Tokyocosmeとは
トウキョウコスメ

おすすめの記事

今注目の記事