2016年12月29日 更新

気になる冬のボディケア!みんなどうしてる?

冬は顔だけではなく体もカサカサになりやすい季節。きちんとボディケアをしないと大変ですよね。 しっかりと乾燥対策をして、今年こそはしっとりお肌を目指しましょう♪

湿度は何%あればいいの?

冬場の皮膚にとってよいのは温度が18~22度、湿度は50~60%程度なのだそう。
湿度をあげることで風邪やインフルエンザも予防できるので、湿度は大切なんです。

湿度を上げるには?

1.濡れたバスタオルを干す

1.濡れたバスタオルを干す

2.洗濯物を部屋干しする

2.洗濯物を部屋干しする

3.お湯をはった鍋ややかんのふたを開けて置く

3.お湯をはった鍋ややかんのふたを開けて置く

4.加湿器を使う

4.加湿器を使う

乾燥しやすい部位は?

乾燥対策をするには、まず乾燥しやすい部位を知っておく必要があります。
乾燥しやすい部位と乾燥しにくい部位、どこか違いがあるのでしょうか?
とくに乾燥しやすい体の部位は? 「ドクターQ&A」|セルフドクターネット

皮脂の分泌が少ない部分が乾燥しやすい部位になります。
手のひら、足裏はもともと皮脂腺がないためガサガサになりやすいのです。
また、すねも皮脂の分泌量が少ないため、乾燥の症状が出やすい部位になります。

お風呂の入り方ひとつで乾燥から身を守れる?

・高い温度のお湯に長く浸からない。
・石鹸を使うのは脇、おしり、足の裏だけ。それも手で洗う。ナイロンタオルはつかわない。
・すぐにバスタオルで拭かない。入浴後にバスタオルを使う前にオイルやローションで保湿する。
・バスタオルで水分を取るときはこすらない。ポンポンと叩くようにする。

入浴剤は選び方が「カギ」♪

入浴剤は大きく分けてお肌の手入れをしてくれる『スキンケアタイプ』と、
新陳代謝、血行促進を促す『発汗タイプ』に分けられます。

さらにスキンケアタイプは酵素や薬用成分美肌へと働きかける『美容系』、
保湿成分を多く配合している『保湿系』に分けられ、
乾燥肌に効果のある入浴剤はスキンケアタイプの保湿系入浴剤になります。
保湿系の入浴剤の中でも特に保湿効果が高いのは
セラミド、ヒアルロン酸、スクワランなどの入っているものです。

硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムなどの成分も
血行促進に効果があるため、乾燥肌の改善に役立ちます。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロクシタン、「リボンアルル」限定コレクションに注目!

ロクシタン、「リボンアルル」限定コレクションに注目!

2016年11月9日(水)より発売の「リボンアルル」限定コレクションをご紹介します!
shino | 1,072 view
ギフトにもおすすめ! ザ・ボディショップのクリスマス限定バス&ボディケア

ギフトにもおすすめ! ザ・ボディショップのクリスマス限定バス&ボディケア

2016年11月3日(木・祝)より数量限定で発売するザ・ボディショップのクリスマス限定バス&ボディケアをご紹介します!
shino | 949 view
バスタイムでもっと綺麗に~思わず触れたくなる肌へ~

バスタイムでもっと綺麗に~思わず触れたくなる肌へ~

クリスマス目前!仕事は目の回る忙しさ、でも特別な日の為に綺麗になりたいのは女心ですよね。バスタイムでリラックスしながら、体に磨きをかけましょう。
マコ | 697 view
大人気クロエからローズ香るハンドクリームが新発売!

大人気クロエからローズ香るハンドクリームが新発売!

2016年10月19日(水)より発売されるハンドクリームをご紹介します!
shino | 782 view
キュートすぎるパッケージに夢中! SABONのクリスマス限定コフレ

キュートすぎるパッケージに夢中! SABONのクリスマス限定コフレ

SABONのクリスマス限定コフレをご紹介します!
shino | 1,197 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

miny miny
トウキョウコスメ Tokyocosmeとは
トウキョウコスメ

おすすめの記事

今注目の記事